密教の教えを曼荼羅として表現した立体曼荼羅

講堂

 

1.立体曼荼羅
2.東寺監修 公認ミニチュア仏像

 


空海が講堂に作った立体曼荼羅(りったいまんだら)

 

「曼荼羅を彫刻したらどうなるのだろう?」講堂に安置されている二十一尊の仏像はこの発送から生まれたのだそうです。

 

曼荼羅を立体化したものを「羯磨曼荼羅」(かつままんだら)と言います。

 

空海は東寺の講堂に日本で初めての羯磨曼荼羅(かつままんだら)を誕生させました。

 

羯磨曼荼羅(かつままんだら)は通称「立体曼荼羅」(りったいまんだら)とよばれています。

 

立体曼荼羅(りったいまんだら)は、中央の五尊の如来グループ、向かって右の東方にある五尊の菩薩グループ、向かって左の西方にある五尊の明王グループ、そして四隅の天グループにわけられます。

 

如来グループ

 

菩薩グループ

 

明王グループ

 

天グループ

 

ここからは撮影禁止

 

この二十一尊は、すべて大日如来の分身として表現されているとのことですが、何度も見ておりますが気持ちが引き締まる感じがします。

 

中央には、大日如来を中心に五智如来(ごちにょらい)

 

向かって右には、金剛波羅蜜多菩薩(こんごうはらみったぼさつ)を中心にした五大菩薩(ごだいぼさつ)

 

そして左には、不動明王を中心にした五大明王(ごだいみょうおう)

 

両サイドの前と後ろに四天王

 

四天王の間に東側が梵天(くてん)西側が帝釈天(たいしゃくてん)の合計二十一尊であります。

 

館内には仏像の説明が書かれている本の見本が置いてあり自由に見ることができるので本を見ながら実物がみられるので非常に見ごたえがあります。

 

昭和四十年(1965年)に一般公開されるまで、千年以上も秘仏だった二十一尊の仏像。

 

今の時代、いつ見れなくなるかわかりませんからんね。

 

 

関連ページ

五重塔
京都の東寺の五重の塔!五重塔の完成は創建より81年後だった!使用する材木を東山で調達、運んだ巨木の中に稲荷山の御神木が含まれていたのだそうです。このことにより工事は直ちに中止…
東寺火災
東寺火災!11年続いた応仁の乱は終息!山城の一揆が勃発!応仁の乱は11年間、都を戦場にした!それでも東寺は戦火をまぬがれていた!
不開門
東寺の不開門!足利尊氏と新田義貞の壮絶な戦いの舞台!東大門!天下分け目の決戦!足利尊氏が退却! 門前から新田義貞軍の矢の嵐!
蓮花門
東寺の蓮花門!空海が通常の出入りに使っていた蓮花門!空海の住まい御影堂!高野山の金堂が完成し、空海が最後に出た門が蓮花門!
遣唐使船
空海が乗った遣唐使船!生存率25%!命懸けで唐を目指す空海!密教の奥義を求め!唐に向かう決意をする空海!全ては、ここからはじまる!
弘法さん
京都の東寺の弘法さん!700年あまりの歳月をかけて発展した、現在の弘法市!空海の命日にちなむ弘法市!毎月21日に弘法市は開かれる。
社寺仏閣を護る邪鬼
東寺の魅力とは平安京遷都から変わらずこの場所にある事これにつきますが、社寺仏閣を護ってくれている小さな邪鬼もまた、平安時代から現代まで続く東寺の魅力でもあります。