東寺最大の滅亡の危機

11年続いた応仁の乱は終息の後、山城の一揆が勃発

 

応仁の乱
時は1467年、現在から約550年前の京都で幕府を東西2つに分ける大乱が勃発し、町は壊滅的な被害を受けました。

 

応仁の乱は11年間も続き、都を戦場にしてしまいましたが、東寺は運よく戦火をまぬがれていました。

 

11年間続いた応仁の乱も1477年に終息し、京都の街がやっと平和になった矢先の事であります。

 

山城の一揆が勃発
応仁の乱が終息した後も山城の国では、まだ戦いは終わっていませんでした。

 

1485年、応仁の乱終息8年後に山城国で発生した国一揆。

 

山城の国一揆集が東寺に集結。

 

一揆に対抗して幕府も兵をもって鎮圧に乗り出しました。

 

兵は農民を追い、農民は散り散りになって東寺に逃げ込んだのだそうです。

 

農民たちが軍兵に勝てるはずもなく、追い込まれてしまった農民たちは幕府の兵たちにこう言い放ちました。

 

「徳政令(債務破棄、債務免除)をくださなければ寺に火をつける。」と。

 

徳政令(とくせいれい)とは、時の朝廷・幕府などが土倉などの債権者・金融業者に対して債権放棄(債務免除:借金をチャラにする。)を命じた法令のことであります。

 

追い詰められた農民たちにとって、一か八かの大勝負、最後のかけでありました。

 

しかい、それでも幕府は一歩も引きませんでした。

 

それから間もなく東寺から火の手があがりました。

 

どの堂舎からあがったかは定かではありませんが、見る見るうちに火は広がり、創建依頼の大火災となってしまいました。

 

この大火災で金堂、講堂、廻廊、鎮守八幡宮、南大門等を失い、焼け残ったのは五重塔、食堂、御影堂その他少しだけでした。

 

この火災が、東寺最大の滅亡の危機だったのです。

 

時代は戦国時代と移り、織田信長、豊臣秀吉も東寺に本陣をおいたそうです。

 

時は流れ、全てが復旧したのは117年もの月日がかかったのであります。

 

この間、落雷により五重塔も焼失してしまったり、いろいろな困難があったそうですが、今残る金堂は1603年豊臣秀頼が再建。

 

五重塔は1644年江戸幕府の三代目将軍徳川家光が、再建してくれました。

 

1491年、再建された中でも講堂は、室町時代の庶民が寄付を募り再建したものだそうです。

 

貧しい生活の中から少しづつ、お金を出し合ってくれた当時の人々の気持ちから、東寺の再建の一歩が始まったのですね。

 

 

関連ページ

五重塔
京都の東寺の五重の塔!五重塔の完成は創建より81年後だった!使用する材木を東山で調達、運んだ巨木の中に稲荷山の御神木が含まれていたのだそうです。このことにより工事は直ちに中止…
不開門
東寺の不開門!足利尊氏と新田義貞の壮絶な戦いの舞台!東大門!天下分け目の決戦!足利尊氏が退却! 門前から新田義貞軍の矢の嵐!
蓮花門
東寺の蓮花門!空海が通常の出入りに使っていた蓮花門!空海の住まい御影堂!高野山の金堂が完成し、空海が最後に出た門が蓮花門!
立体曼荼羅
東寺の立体曼荼羅!密教の教えを曼荼羅として表現した!空海が講堂に作った!立体曼荼羅!昭和四十年(1965年)に一般公開されるまで、千年以上も秘仏だった二十一尊の仏像…
遣唐使船
空海が乗った遣唐使船!生存率25%!命懸けで唐を目指す空海!密教の奥義を求め!唐に向かう決意をする空海!全ては、ここからはじまる!
弘法さん
京都の東寺の弘法さん!700年あまりの歳月をかけて発展した、現在の弘法市!空海の命日にちなむ弘法市!毎月21日に弘法市は開かれる。
社寺仏閣を護る邪鬼
東寺の魅力とは平安京遷都から変わらずこの場所にある事これにつきますが、社寺仏閣を護ってくれている小さな邪鬼もまた、平安時代から現代まで続く東寺の魅力でもあります。