お金が寄ってくる財布は本当にあるのか?

金運アップに良いとされる財布の情報は、色や形の紹介はされているものの実際に効果のあった財布を教えてくれるわけではない。

しかし!
実際に金運効果があるすごい財布が存在する。
その財布を使い始めてお金が寄ってきた内容を実物証明付きで続々と紹介されている。
>>【実物証明書付】お金が寄ってくる財布

 

昨今、クレジットカード決済はおろか電子マネーでの決済が主流になりつつある時代。
財布による金運アップ効果は本当にあるのだろうか?

 

毎年年末年始には必ずと言っていいほどの「20〇〇年!金運アップに効果のある財布の選び方は・・・」のような広告をよく見かける。

 

豊富な色の財布を紹介してくれているのだが、全ての色に何らかの金運アップにまつわる文言が記載されており、これでは、どの財布を選んでも問題なく金運アップは、それなりにしそうな勢いであります。
であるならば・・・
「どの色の財布を選んでも金運アップします」と言われているように思えてくるのは気のせいか?

 

風水的思考から導き出されるその年のラッキーカラーに基づき自分に最適の財布の色を決定し、購入されている方も少なくない気がします。

 

お金を寄せ付けるには、お金の家となる財布の居心地の良さが重要。
汚れは拭き取り小さなゴミなど財布の中に溜まらないようにコマメに手入れをする。
領収書や使わないカードは財布に入れない。
多すぎる小銭など財布がパンパンに膨れ上がらないようにする。
小銭がパンパンになるのは私もよくなる状態です。
支払時についつい小銭を出すのが面倒で、お札を出してしまうのが原因。
出来るだけお札を崩さないのが、お金がたまっていく良いサイクルに繋がっていくのでございます。

 

このような状態管理はもちろんの事、お札の入れ方は、取り出す側に人物が来るように向けて、必ず下向きにし、種類をきっちり分けて入れる。

 

金運は勝手に上がるものではなく、自らの力で上げていけるものと言われております。

 

高額当選を導き題した財布
お金が寄ってくる財布は本当にあるのか?
それは単なる偶然か?
たまたまラッキーな人がその財布を手にしたのかはわかりません。
しかし!
その財布を手にした数多くの人達が年末ジャンボやロト、BIGなどの「宝くじに当選した」や「競馬で万馬券が当たり高額の払い戻しを受けた」などの実際の証拠写真なども含めて掲載されている。

 

確かにお金の家となる財布の居心地の良さは、最も重要なのかもしれません。
>>高額当選を導いた財布

 

 

 

財布の居心地の良さが高額当選を導き出す

財布によって金運が左右されてしまうのか?
古来より財運の神として崇められてきた弁財天。

京都には六波羅蜜寺に「銭洗い弁財天」がいらっしゃいます。
清めた水でお金を洗うと金運が上がると言われている。

 

六波羅蜜寺にほど近い恵比寿神社には、商売繁盛の神様「恵比寿」が祀られており、毎年1月10に行われる十日戎(とおかえびす)には、多くの人が訪れ商売繁盛のご利益をいただくために恵比寿様が祀られている「お社の戸を叩く」

 

運気の向上は、理論や理屈ではなく想像を超える大きな力が働きこの世にふるまわれているのが現実。
「財布の居心地の良さが高額当選を導き出す。」
お金にとって財布とは家に当たると考えるなら居心地の良い財布にはお金が舞い込んでくるとの考え方も理解できる気がします。

 

毎年、六波羅蜜寺の銭洗い弁財天と商売繁盛の神様を祀る恵比寿神社には沢山の人が訪れる。

 

表立っては言わないが、やはり、運気の向上は、理論や理屈ではなく想像できない力でこの世にふるまわれている事を信じている者にだけ富はふるまわれているのか。

 

何度も宝くじに当選しているラッキーな方がいるのも現実。

 

お金が寄ってくる財布を選ぶなら少なくとも実績のある財布の中から選ぶ事で、理論や理屈ではなく想像を超える力が働き、巨万の富がふるまわれる可能性がアップするかもしれません。
>>高額当選を導いた財布

 

お金が寄ってくる御金神社の福財布

京都の金運アップパワースポットで知られている御金神社の「福包み守り」

 

京都でも昨今有名になってしまった御金神社と書いて「みかねじんじゃ」と読む金運アップのパワースポット。

 

京都のパワースポットと言うだけに大自然に囲まれた緑豊かで景色の素晴らしい場所にあると思いきや烏丸御池通りを西に向かい北に上がったビルやマンションが立ち並ぶ街のど真ん中にあります。

 

しかも鳥居は黄金色。
最近、メディアに取り上げられることが多くなり行列が出来てしまう程、参拝客が大幅に増えてしまった神社であります。

 

ビルの谷間に現存する立派な御神木。
御金神社には。高さ22m、幹回り約2m以上の大樹、樹齢200年といわれる御神木のイチョウの木があります。

 

古くから火災の際には水を吹き、神様やそのお社、町の人々の生活を守ってくださると言い伝えられてきました。

 

現在に至るまでどんな環境にも順応し、枯れる事がない事から繁栄・発展・不老長寿の象徴とされているのであります。

 

イチョウの葉は八方向に広がる葉の形から「末広がり」として大変縁起が良いと言われており御金神社の絵馬の形もイチョウの葉の形となっております

 

御金神社には、金運・招福、金運上昇、資産運用、事業の御発展や商売繁盛、金融、証券・株取引や不動産、宝くじ、ギャンブルの成功など、あらゆるお金にまつわる御祈りをされに全国から多くの人々がやってきます。

 

縁起の良い日には、南の御池通り近くまで長い参拝者の行列が出来るのであります。

 

>>高額当選を導いた財布