御幸奉拝所参道を通って東福寺に向かいます!

←四ツ辻へ
向かって右が「仁志むら亭」です。

四ツ辻に到着してスグ左に権太夫大神上に続く鳥居

その左横に細い山道が!「御幸奉拝所参道」ここから東福寺に向かいます!

稲荷神社は四つ辻から右回りと左回りのルートがまだまだ山頂まで続きます!
稲荷山の最高峰が一ノ峰!
右から回ると三ノ峰→間ノ峰→二ノ峰→一ノ峰と続き
御劔社→御膳谷奉拝所→四ツ辻に戻ってきます。
一ノ峰は次回とし、東福寺に向かいます。
「御幸奉拝所参道」の左横に案内図がありました!

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、稲荷神社から東福寺に向かう道は京都一周トレイルコースの「東山コース」になっています!
京都一周トレイルの公式サイトはこちら!

それでは東福寺に向かいます!

ここからは石段もなく山道が続きます。

鳥居もまだこのあたりにはありますね。

この鳥居の横が駐車場になっています。
関係者の方はここまで車で上がってきているのですね。

左手の鳥居を通り過ぎて道なりに下山していきます。

緩やかな下り坂の山道が続きます。

しばらく行くと…車止めが出現!
関係者以外は、ここから上には車で上がっていけないのですね。

車止めを越えてその先が見えなくなっている…

突き当たりに人がいますね。

道なりだとこのまま左に真っ直ぐですが、右に降りていく階段があるのを見つけてしまいました。

こっちに行ってみましょう。

ちなみに振り返ってみると…

そのまま石段を降りていくと石橋が見えてきました。

この石橋を渡れば、住宅が続きます。

住宅街に降りてきましたので道なりに進んでいきます。

しばらく行くと鳥居がありました。

「五社之瀧神社」

瀧があるのか少し中まで入って行きましたところ…ありました!
木製?で作られた突起した部分から川の水が流れ落ちています。

五社之瀧神社をあとに、歩いていきます。

道幅も広くなってきました!
右に見える山の上は泉涌寺の裏側になります。
上がり口もありました。
あと少し歩くと右側に日吉ケ丘高校が見えてきます。

そこを過ぎると東福寺はスグそこ!

左の石垣の一番向こう側の途切れているところの左側が東福寺の入り口です!


東福寺の前を通り過ぎ、振り向いて一枚!

前を向いて少し進むと東山通りの東福寺交差点に到着です!

京都駅からJR奈良線で2駅目の稲荷駅で降りて四つ辻を通って東山東福寺交差点まで歩けば結構運動になりますが、案外早いものです。
東山通りからは、市バスの「一日乗車券」を使って北に上がって行きましょう!
泉涌寺、清水寺、八坂神社、南禅寺と行きたいところは数え上げるとキリがありませんね。
京都駅からJR奈良線の時刻表はこちら!

日本最古の都七福神まいり!ここから全国に拡がっていった!

>>日本最古の都七福神まいり



>>あなたの守護神は?八体のご本尊様に守られている!


>>【京都のおせち】お取り寄せ!失敗しない早割京おせち



関連ページ

本殿へのお参りの次は奥の院へ!
本殿へのお参りの次は奥の院へ!本殿お参りしら!奥の院へ向かいます!稲荷神社の千本鳥居と言えば二股鳥居ですよね♪京都の稲荷神社に来たなら、せっかくだから通りましょう!
奥の院から熊鷹社へ
奥の院から熊鷹社へ!奥の院から熊鷹社へは、まだまだ平坦な道が続きます!イメージはまさに「森の中」、緑に朱色の鳥居が映える!稲荷山の散歩道!
熊鷹社から三ツ辻へ
熊鷹社から三ツ辻へ!奥の院から熊鷹社、そして三ツ辻を通って四ツ辻へ、朱色の鳥居に石段が限りなく続く途中の茶店も昔懐かしい昭和の雰囲気を漂わせているこの空間は当にノスタルジック!
三ツ辻から四ツ辻へ
三ツ辻から四ツ辻へ!石段登ってまた石段!情緒溢れるお茶屋が石段と石段の合間にある。遠い昔から沢山の人々が訪れた四ツ辻へ向かう石段。100年前の今日この日も誰かが登っていたのでしょう。