平安京の台所! 都びとの食料や雑貨の商いを行った!

東西それぞれ数十件の店が立ち並ぶ!東市西市!

 

東西の市は官営で市司(いちのつかさ)が管理をし、毎月15日までは東市が、16日以降は西市が開かれていたそうです。

 

両市とも、専売品が決められていて、西市外町の発掘調査では、外町内の細かな区割りを示す溝をはじめ、市の活発な活動を示す9世紀初頭の荷札や土器など多くの遺構、遺物などが発見されているということです。

 

西市は地勢の悪い低湿地に設置されたこともあって、早くも10世紀には衰退し始め、東市の役割が大きくなっていきました。これに伴い規制が次第に弱まっていき、市の運営も官営から市人中心へと移り変わっていきました。
【現在の西市近辺:西大路七条の北東あたり】

 

東市は現在の七条猪熊の北から西本願寺の地かけてありました。さまざまな階層の人々がこの東市で物資を取引し、生活に必要なものはここで揃えていました。
【現在の東市近辺:七条猪熊の北から西本願寺】

 

西市は現在の西大路七条の北東あたりにありました。西市は湿潤地に作られたこともあり、早くから衰退してしまいました。現在のような人工的に環境を作る事ができれば別ですが、当時の家づくりには場所選びがかなり大事だったとも言えると思われます。

 

東市はその後栄えましたが、次第に三条町、四条町、七条町などから自然に発生した民間の市場に人々の流れが時代とともに移っていきました。

日本最古の都七福神まいり!ここから全国に拡がっていった!

>>日本最古の都七福神まいり



>>あなたの守護神は?八体のご本尊様に守られている!


>>【京都のおせち】お取り寄せ!失敗しない早割京おせち