京都駅からJR奈良線乗って2駅目!

京都駅からJR奈良線で2駅目の「稲荷駅」で下車します。

駅から出ると真正面が稲荷神社への参道です♪
大きな鳥居が立派にそびえ立ち、その向こう側は、稲荷神社に続く参道が緩やかな上り坂となって「楼門」までつづいていきます。

数年前までこの楼門に続く道が車道となっていました。
楼門に向かって右側が駐車場となっており、昔は、この大きな鳥居をくぐって、楼門の手前で右に曲がって車を止めていました。
現在は駐車場への車路は隣に設けられ、歩行者専用となっています。

 

参道を進み、もう一つ大きな鳥居をくぐれば、楼門です。

1589年(天正17年)豊臣秀吉の造影とされているのだそうです。

楼門の前のおキツネ様!

楼門をくぐれば直ぐに拝殿があります。
ちょうど何かの?儀式が行われていました。
子供の頃からよく来ていますが、この拝殿で儀式をしているところを、見たのはこの日が初めてでした。

そして本殿です。
本殿は1499年に再興されたものだそうです。
お正月には本殿前が人で埋め尽くされ、この写真の位置くらいから賽銭箱目掛けてお賽銭を投げている光景が見られます。

本殿に向かって右に向くと神楽殿!
神楽殿では、たまに祭事的な催しが行われています。

本殿に沿って左側を進んでいきます。
本殿へのお参りの次は奥の院へ!

日本最古の都七福神まいり!ここから全国に拡がっていった!

>>日本最古の都七福神まいり



>>あなたの守護神は?八体のご本尊様に守られている!


>>【京都のおせち】お取り寄せ!失敗しない早割京おせち



稲荷神社から東福寺に抜ける道記事一覧

 

←本殿へ本殿へのお参りの次は奥の院へ行きます。本殿に向かって左側に本殿に沿って進んでいくと奥の院へと続く鳥居と石段が見えてきます♪その階段を上がりきり右に進むと、また階段があります。もちろん登ります。登りきると奥の院へと続く千本鳥居の参道が見えてきます。ここから鳥居の数を数えるのです…俳優の西村和彦さんのご実家!「仁志むら亭」がある「四ツ辻」まで!まず、奥の院まででも無理だと思いますが、時間に余裕...

 
 

←奥の院へ熊鷹社(くまたかしゃ)へは、二股鳥居から見て左の鳥居から向かいます♪ゆるい階段が、山なりに少し上がって、に下がっていきます。どんどん進むと突き当たりが見えてきます。右と左とに、道が分かれています。左は本殿へ。右は熊鷹社へ。右に進みます♪山道というより、この辺は森の中の散歩道みたいな感じです。少し進むと右側にトイレがあります。山の上には茶店にしか、なかったと思うので、とりあえず行っときます...

 
 

←熊鷹社へ池に向かって拍手をしてコダマの帰ってくる速さで、願い事が早く叶うのか?それともまだまだ遠いのか…では、三ツ辻へ行きましょう。ここからは、石段が続きますよ。地形に合わせて踏面の幅が広くなったり、短くなったりと、いい運動にはなりますよ♪見えてきました。ここを右に曲がれば三ツ辻から四ツ辻への道です。ちなみにこの道を左に曲がれば、本殿へ行きます。右に曲がれば直ぐにお茶屋が!三ツ辻です!左のお茶屋...

 
 

←三ツ辻へ三ツ辻から四ツ辻へ!お茶屋が終わってまた石段が…そしてお茶屋が見えてくる。石段を上っていきましょう!かなりの急な石段になっています。冬は体が温まってちょうどいい感じになりますが、夏は暑いですよぉセミも鳴いてて暑さ倍増…っと思いきや案外木陰に入ると涼しいんですね♪夏の終わりの夕方に来れば、ひぐらしが鳴いていて、まさに!「日本の夏」って感じです!お茶屋が見えてきました!このお茶屋から少し石段...

 
 

←四ツ辻へ向かって右が「仁志むら亭」です。四ツ辻に到着してスグ左に権太夫大神上に続く鳥居その左横に細い山道が!「御幸奉拝所参道」ここから東福寺に向かいます!稲荷神社は四つ辻から右回りと左回りのルートがまだまだ山頂まで続きます!稲荷山の最高峰が一ノ峰!右から回ると三ノ峰→間ノ峰→二ノ峰→一ノ峰と続き御劔社→御膳谷奉拝所→四ツ辻に戻ってきます。一ノ峰は次回とし、東福寺に向かいます。「御幸奉拝所参道」の...