生存率25%!命懸けで唐を目指す空海!

密教の奥義を求め!唐に向かう決意をする空海!全ては、ここからはじまる!

 

空海の人生において唐に渡れるチャンスは1回だけでした。空海の乗った遣唐使船は第十六次船で、16年ぶりの派遣でした。

 

つぎの第十七次船が出航するのは、なんと34年後のこととなり、この時すでに、空海はこの世にはいませんでした…

 

空海の人生において唐に渡れたチャンスはこの1回だけ!空海のときに派遣された遣唐使船は、わずか4船、うち2船が唐に着く前に難破してしまいました。

 

片道50%、帰り道を含めれば25%の確率でした。まさしく命懸けの旅、804年の5月12日出発。空海は留学僧のひとりで、唐への滞在期間は20年と決められていたそうです。

 

出発してまもなく嵐にあい、1ヶ月ほど漂流したのち、なんとか到着。この地で密教を習得した空海は、幸運にも帰国の船に乗ることができ、806年10月、無事に九州に到着することができたそうです。

 

帰国後、空海は都に戻り高階遠成に帰国報告書である『御請来目録』(ごしょうらいもくろく)を託しました。留学期間の20年を待たずに、なぜ、もどってきたのかという理由とともに、空海が持ち帰った品々などが記載されていました。

 

この時代に空海が唐から命懸けで持ち帰った密教こそ、日本の宝だと思います。

日本最古の都七福神まいり!ここから全国に拡がっていった!

>>日本最古の都七福神まいり



>>あなたの守護神は?八体のご本尊様に守られている!


>>【京都のおせち】お取り寄せ!失敗しない早割京おせち



関連ページ

五重塔
京都の東寺の五重の塔!五重塔の完成は創建より81年後だった!使用する材木を東山で調達、運んだ巨木の中に稲荷山の御神木が含まれていたのだそうです。このことにより工事は直ちに中止…
東寺火災
東寺火災!11年続いた応仁の乱は終息!山城の一揆が勃発!応仁の乱は11年間、都を戦場にした!それでも東寺は戦火をまぬがれていた!
不開門
東寺の不開門!足利尊氏と新田義貞の壮絶な戦いの舞台!東大門!天下分け目の決戦!足利尊氏が退却! 門前から新田義貞軍の矢の嵐!
蓮花門
東寺の蓮花門!空海が通常の出入りに使っていた蓮花門!空海の住まい御影堂!高野山の金堂が完成し、空海が最後に出た門が蓮花門!
立体曼荼羅
東寺の立体曼荼羅!密教の教えを曼荼羅として表現した!空海が講堂に作った!立体曼荼羅!昭和四十年(1965年)に一般公開されるまで、千年以上も秘仏だった二十一尊の仏像…
弘法さん
京都の東寺の弘法さん!700年あまりの歳月をかけて発展した、現在の弘法市!空海の命日にちなむ弘法市!毎月21日に弘法市は開かれる。